×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

尖閣諸島の領有権問題


西村眞悟議員・尖閣諸島視察報告会

衆議院第二議員会館第二会議室 1997.5.16 14:30〜
 
去る5月16日、衆議院第二議員会館にて行われた、西村眞悟議員・尖閣
諸島視察報告会の模様を伝えるレポートです。本来なら新聞TVなどのマス
メディアが伝えるべき内容ですが、各メディアともだんまりを決め込み、特に
朝日はTVカメラを持ち込んだにも関わらず、一切報道されませんでした。こ
こにマスメディアの怠慢に対する激しい怒りとともに、いま日本とその周辺
で何が起こっているのかを、この転載により知っていただきたいと思いま
す。


■西村眞悟議員・尖閣諸島視察報告会(序) 

 先日5月16日、私は衆議院第二議員会館にて、尖閣諸島への上陸を敢
行した西村眞悟衆議院議員の視察報告会に出席した。西村議員が上陸を
決意したのは10月20日、総選挙で当選した直後のことだったそうだ。尖閣
問題は有権者への選挙公約だった。

 1時間前から整理券を配るというので行ってみると、開催予定の第二会議
室の隣にある臨時待合室は多くの人々で埋まっていた。空いた席をやっと
見つけて腰かけながら周囲を見渡すと全員スーツ姿。大半が高齢の方で、
熱気の為か扇子を拡げて扇いでいる人が見られた。その中に右翼と思わ
れる精悍な顔つきの男性が若干名居る。年齢は30〜40代だろうか。ほん
の僅かながら女性を見かけるが、やはり高齢の方だった。チベット服なんぞ
を着ているのは私だけで、周囲からは浮いて見えた。
 会議室に入ると最前列に座った。隣に20代の学生らしい人が座る。振り
返って周囲を見渡すと20〜40代の者は、例の若干名の右翼の人々を除
いて5人くらいではなかったろうか。その中に私の友人が一人居た。やっぱ
りオマエも来ていたか、お互いそう心中思っていたのか互いに笑みを返す。
彼に『祖国と青年』誌の編集部の江崎道朗氏を紹介して貰う。30歳そこそ
こだろうか。様式先行の右翼臭が全くしないことに安心した。後で聞いた話
によると、150名の報告会定員のところ、300名から事前の予約問い合わ
せがあったそうである。
 会議室の外に居る人たちは分からないが、ざっと見たところやはり高齢の
方ばかりだった。皆が座席に付いてから遅れてテレビ朝日が収録に来たの
で、カメラ位置を設定する際に席の移動指示が司会者からあった。その時
に耳が遠い為か何について指示を受けているのか、分からない高齢の方
が多く居たのが印象的だった。後で聞いた話では、この中にノモンハン事件
に関与した方など、旧帝国軍人の方がたくさん居たそうだ。

 日本の一大危機に参集する心。高齢の方も精悍な若者だった頃と同じ心
なのだ。戦後何年を経ても変わらぬ心に比べ、私たちはどうだろうか。私の
見る限り会場に来ていた20代は、僅か私の隣で最前列にかぶりついてい
た青年1人だけだった。ここに来ていたご高齢の方々が生きている時間は
もう残り少ないのだ。その後にどれくらいの人間が残るのだろうか。

 問題はまだある。本来国論を左右するほどのテーマであるにも関わらず、
報道陣はテレビ朝日だけ、最も報道すべき大手各新聞社は一社も来ず、し
かもテレビ朝日は報告会の模様の総てを収録しておきながら放映すらしな
かった。この報告会の全容を公開しなければ、党派を超えて活動する志あ
る議員が居ることも有権者に知られることなく終わってしまうし、石垣島の市
議会議員という現地住民を代表する声すら抹殺することになってしまうので
ある。

 尖閣諸島を巡る中国・台湾との領土問題、北朝鮮の日本人拉致、ペルー
大使館公邸人質事件、教科書問題…、これらの病根は同一だという西村議
員が、いったい行動によって社会へ何を訴えようとしたのか。本当のことを
議員は知っているのにマスコミは管制するのだ。この間違った現実を報告
会で痛感した。知らぬは国民ばかり也と…。

 西村議員上陸後、台湾の活動家も動き出し先日領海侵犯が行われた。
台湾側主催の釣り大会を開催してまもなく、自分たちの船から海上保安庁
の巡視船へ飛び乗って、マストに登ったり暴れる活動家が2名。逮捕せず
その場で帰って貰ったそうだ。台湾では日本人の取材クルーに「スパイだ」
と暴力を振るう者や、台日交流団体の前で怒鳴り暴れる者も現れた。

 私は約45分間行われたこの報告会を収録し、その全容を会議室で公開
することを決めた。公開するに際し、快くテープ起こしを引き受けて下さった
MAKOTOさんに感謝の意を表します。

■西村眞悟議員・尖閣諸島視察報告会(1)

衆議院第二議員会館第二会議室 1997.5.16 14:30〜

***

(司会)大変長らくお待たせ致しました。ただ今、西村眞悟議員、到着でござ
います。ただ今より、尖閣諸島侵犯阻止を求める緊急集会を開催させて戴
きます。

 前もってお詫びをしなければなりませんのは、大変中が蒸し暑うございま
すが、会館の都合で今の時期に冷房が出来ないそうなのでございます。た
だでさえ熱いところにこの熱気溢れる雰囲気で、皆様大変かと思いますが、
どうかご容赦を戴ければと思います。

 それでは、さっそく本日の主催者を代表致しまして、拓殖大学総長・小田
村しろう先生よりお話をお願い致します。

「本日はご多忙中の所、多数御参集戴きまして、万丈立錐の余地の無いほ
どの盛会、ご参集賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。本日は5月6日に
尖閣諸島を現地視察という快挙を成し遂げられました、西村眞悟先生の視
察報告を兼ねまして、尖閣諸島の侵犯阻止の為の緊急集会を開催致した
次第でございます。
 今国会におきます西村眞悟先生のご活躍につきましては、私が今更申し
上げる必要は無いと思いますけれど、さる1月の衆議院予算委員会におき
まして、西村先生のお蔭を持ちまして、北朝鮮に拉致されました横田めぐみ
さんの消息についての政府の答弁を引き出す事が出来ました。さすがに政
府もマスコミも、この事実を隠蔽する事は出来なくなり、大々的に取り上げ
られる事になった次第でございます。もし、この事が無ければ、政府はアメ
リカその他の要望に応じて、北朝鮮に無償の食糧援助という事をなしておっ
たかも知れません。そういう国辱的な事をしないで、現在政府がまともな姿
勢を取っておりますことは、ひとえに西村先生のご活躍の結果であると、感
謝致しておる次第でございます。
 そして、竹島、北方領土はもとよりございますが、竹島に引続きまして、沖
縄県の尖閣諸島につきましても、我が国の主権が侵犯され、その領土の今
後の行方が懸念される事態に立ち至っております。
 ドイツに、ルドルフ・イエーリングという法律学者がおりましたけれども、彼
が『権利の為の闘争』という本を書いております。彼はこの中でこういう事を
言っております。
 もし、一平方マイルの荒れ地を隣の国に奪われたらどうするか? 果して
奪われた国は戦争を始めるのかどうか? 戦争を始めれば、何千何万の
人命を捨てなければいけない。或は、莫大な国費を使わなければいけな
い。場合によっては国家の存立も脅かされるかも知れない。そういうような
犠牲を払ってまで、一平方マイルの為に戦うかどうか? そういう疑問を呈
しました。
 もしこの場合、奪われたままで手をこまねいておるならば、それは国家が
自らに対して、死刑判決に署名するのと同じである。一平方マイルの荒れ
地を失ったままにしておくならば、やがて他の領土も奪われてゆき、そうして
最後には、全ての領土を奪われて、国家の存立を失う事になるであろう。国
民は一平方マイルの荒れ地の為では無くて、国の名誉と存立の為に、戦わ
なければならないのだ。こういう事をイエーリングは言っておるわけでござ
います。
 しかしながら、残念なことに政府の竹島、尖閣諸島に対する対応ぶりとい
うのは、毅然とした姿勢がまったく見受けられない次第でございます。竹島
については、現在韓国が埠頭建設を強行致しております。それに対する何
等の対応策も講じていない。更に、尖閣諸島につきましても、尖閣諸島近
辺の領海はもとより、宮古島の領海に至るまで、中国の調査船が領海の侵
犯を続けておる状態に対しまして、何等の処置も講じていないわけでござ
います。この状態を黙視出来ず、西村先生は尖閣諸島の現地視察という快
挙を実行されたわけでございます。
 ところが政府は、それに対してあらゆる妨害を加えたのみならず、このよう
な壮挙に対して、この土地の所有者が同意を与えていないという矮小な問
題を取り上げまして遺憾の意を表明するという、誠に嘆かわしい状況でござ
います。もし、土地の所有者が同意を与えないのであれば、政府自らこの
所有者を説得して視察に応じていたらというのが、政府の当然の義務であ
ろうと思うものでございます。
 まことにこういうような状況におきまして、西村先生が、この壮挙を実行さ
れました事は、私どもとしては何よりも嬉しい事であると思います。その結
果、5月18日に香港、台湾等の一部の人達が計画致しておりました尖閣
諸島の主権侵犯の計画は取り止めになった、という事が新聞報道に出てお
りました。しかし、今後もこの問題は、引続き彼らは主張致しますでしょうし、
私ども日本国民と致しましては、断固として護らなければならない領土でご
ざいます。
 どうか皆様も、今後とも西村先生を御後援戴きまして、我々の父祖から伝
えられました神聖な領土というものを、最後まで護り抜かなければいけな
い、かように思う次第でございます。簡単ではございますが、主催者を代表
致しまして挨拶と致します。」

…拍手…

(司会)それではいよいよ尖閣諸島に、『週刊新潮』によりますと、文字通り
命懸けで上陸をされ、視察をされました、西村眞悟代議士にお話を戴きた
いと思います。ただ、この間ですね、携帯電話、或はポケベルのスイッチは
代議士のご報告中は、お切り戴けるようにお願いを申し上げます。

 
■西村眞悟議員・尖閣諸島視察報告会(2)

(司会)それでは、大変長らく御待たせを致しました。西村眞悟代議士より、
生々しいご報告をお願い致します。

「皆様、お暑い中お集まり戴きまして、本当にありがとうございます。また、
今、イエーリングの『権利の闘争』を例に引いて、領土の問題、そして、国家
の名誉の問題、国家存立の問題について冒頭お話戴き、また本集会を主
催して戴きました、小田村しろう先生、ありがとうございました。また、このよ
うな忙しい国会会期中ですのに、私をいつも支え、ご指導戴いている議員
の先生方、ありがとうございます。
 身に染みて、尖閣に行ったエネルギーは、このような集会をして戴く皆さ
んの思いの中から戴いていったことを、私は尖閣に行く途上の船の中でも、
そして上陸したあの魚釣島の大地でも感じておりました。つまり、日本国の
公務であるということを感じて、私は尖閣諸島に行かして戴きました。
 この問題の本質は、在外公館が占拠されたあのペルーのテロは、フジモ
リ大統領の決断に任せざるを得ない。なぜなら、フジモリ大統領が統治する
ペルー国の問題であったからです。しかし、尖閣の問題は、我が国領土を
否定して領土を奪取しようとするテロが迫っている問題でございます。ペル
ーどころの騒ぎではありません。橋本総理大臣と政府が決断して、対処しな
ければならない問題であったのでございます。
 その尖閣にです、日本人が行くことを、中国政府が阻止しようとするので
はなく、日本国政府が阻止しようとしている。この問題もまた尖閣に関わる
問題でこざいます。つまり、我が国内の政治が、独立主権国家としての政
治なのかという問題が一つ、我々の前に立ち塞がっております。
 私が現地に行って感じた事はですね、青年社の諸君があそこに灯台が必
要だと営々と尖閣問題に取り組み、そして具体的に灯台を建てた動機が分
かりました。宮古、石垣、与那国五千の漁民が生活の海としているあの大
海原に突然現れる岩礁、岸壁の尖閣諸島は、真っ暗な闇の中でそのまま
であるならば、漁船の安全は保たれないのでございます。行ってみなけれ
ば分からない事でございます。
 私が行くと決意したのは、昨年10月に上陸した中国人を、日本国政府は
何等法的対処をせずに、お願いして御引き取り戴いた。そして彼らは香港
で英雄になった。同時に、鳩山由紀夫民主党代表が北京に行って「尖閣に
興味を持っておるのは、一部の跳ね上がり右翼である。日本人で無いもの
が尖閣に興味を持っておるだけなのです。日本国民は興味を持ってない」と
言う風なことを発言して、向こうの憶えがめでたい大事にされたような顔をし
て帰って来た。
 こういう政治を打破してやるにはどうすればよいのか? 国民に選ばれ、
憲法でいう全国民の代表者である国会議員が行けばいい。それによって、
先ほど申しました我が国政府が主権国家としての政府でありや否や?とい
う事を国民に知って戴かねば、問題解決の出発点は訪れない。また、我が
国政府が、また、我が国政府以外の一部の政治家が北京に迎合する為
に、右翼が行ったという言い訳を持って尖閣問題を処理しようとするその風
潮を打破する。こうでなければ、我が国の領土問題は解決の出発点に立た
ない、こういう思いで行かせて戴きました。
 私が片道九時間、ジェットコースターにバケツで塩をかけられるようにして
行きましたけれども、そして、大地に着いて日の丸を立てました。無人島で
ございます。昭和15年に日本人が引き上げて以来、百年続いた尖閣の開
拓の歴史が、無人島になってその時に終わったと。そして、そこに眠る日本
人開拓者の墓が日本人を待っておりました。そこに、日本の日の丸の旗を
立てたのでございます。その時私は日本でございました。
 こちらに帰ると中国の政府の発言は分かりました。尖閣は中国固有の領
土である。西村の行動は、中国の主権に対する重大な侵犯である。これは
分かる。
 我が国政府の対応はどうか? 橋本総理大臣は、にわかに頼まれもしな
いのに地主の顧問弁護士になったような発言だけをしている。弁護士資格
が無いのに顧問弁護士面するな! 笑止でございました。梶山官房長官に
至っては軽犯罪法であると言った。それで私は何を感じたかと言えば、彼ら
は尖閣の日本人を、昭和15年以来待っている日本人を、その日本人の墓
に靖国神社から戴いた御神酒を捧げ、日の丸を立てた私を非難する事によ
って、彼らは日本を非難したんだ、日本を敵に回したんだ、このように思った
わけでございます。

 本日初めて法務委員会で質問の機会がありまして、内閣の閣僚たる法務

臣にお伺いした。

【質問】領土保全は政治の重大な使命でありますか否か?
【解答】重大な使命である。
【質問】しからば、北方領土に官房長官が巡視船で視察に行く。私の記憶で
は、辻まさる参議院議員が巡視船で竹島を視察した。これは公務でありや
否や?
【解答】公務であるか否かは、主張旅費等々の手続きが済んでおるかどう
かを確かめなければ申し上げる事はできません。

 これが公務でありや否やの答えでございました。

【質問】私が尖閣に視察する。これは公務でありや否や?
【解答】公務であるかどうかは、出張旅費等が支払われている手続きがあ
るかどうかで無ければ答えられません。
【質問】政府において、国会議員が公務と信じてやった行為を、具体的な法
を適応せずして官房長官において軽犯罪法と断定するのは、法を主宰する
法務大臣として容認し得るか否か?
【解答】私はそんな発言はしておりません。

 全てが質問にならなかったわけでございます。そして私は質問を止めて、
今ここで皆さんにご報告差し上げようと思ってまいりました。
 私どもの日本は今、小田村先生にご紹介戴いたイエーリングの事でもわ
かりますように、国家崩壊の危機にあるんです。昨年来た如く、今年も来る
手筈を整えております。威力偵察として中国の海洋調査船が上陸の1ヶ月
前に領海侵犯を繰り返します。昨年もそうでこざいました。今年も4月16日
から我が国排他的経済水域の中に入っている。そして、私が上陸した頃、
排他的経済水域から脱しましたけれども、その間、尖閣周辺の領海を侵犯
しております。
 その侵犯に対して、昨年同様我が国政府は、お願いするだけで何もして
おりませんでした。そして、彼らは1ヶ月後の5月18日に来るという気勢を
上げておったのでございます。私の上陸が、このちっぽけな私の両足があ
そこの大地に着いた事によって、国民の目が尖閣に向いた途端に上陸の
断念を、彼らは言った。
  思えば日支事変以来、中国と我が軍は正規軍同士の開戦をした事は無
いんです。我々は毛沢東の”敵の人民の中に入れ”という戦略によって、止
めどなく正規軍の開戦を回避されながらズルズルと国民党と戦わされ、そし
て両者が疲弊した後で、毛沢東の戦略によって中共が政権を奪取したんで
す。
  我々日本人は”眠れる獅子”なんです。日本人が本当に目覚めてくれば、
領土に対する彼らの主張は止まる。中国人は損な事はしない。我が国が、
ここまで来れば損になるぞと行動で示し始めた時に、我が国家の基軸と、
そして東アジアの安定が訪れる。台湾の李燈輝総統におかれては、チベッ
トのダライ・ラマを台湾国内に呼ばれ、それによって、チベット、外モンゴル
を含み、沖縄を琉球とする中華思想に風穴を開けようとして、新台湾の建
設に進まれております。
  私ども日本国は、止めどない中華ナショナリズムの膨張に対して、毅然と
した、武力を行使する覚悟のもとで対峙しなければならない。それはイエー
リングの貴重な提言をご紹介戴いた事に尽きます。国家が国家に死刑宣
告を自ら課す事になるか否かでございます。それによって何が起きるか? 
台湾のアイデンティティの自覚に基づいた台湾建設は、必ず日本と共に歩
む。中華膨張ナショナリズムは東シナ海で止まる。それによって両東アジア
の国民に安泰が訪れるのでございます。
 私が申し上げたいのは以上に尽きるわけですが、最後に現実に尖閣諸
島に足をつけ、この目で見た私の感じは、あそこは紛れもない百年以上前
から日本人が開拓した日本の大地でございます。皆さん、私の見てきた目
と、そしてあそこで使ってきた志を信じて戴きたいと思います。これからが始
まりでございます。
 今は徳川幕府末期だと、幕末だと色々マスコミでは言われておりますが、
いやいや、徳川幕府どころではありません。室町幕府末期なんです。これ
から比叡山焼き討ちをしなければならない。比叡山とは、既得権を得ながら
自己を否定して、身を捨ててこそ仁を成す、身を滅ぼして奉公を成す、一端
緩急あれば義勇公に奉じる。このように我が国近代を成し遂げた自己犠牲
の精神を忘れた、どうしようもないヘドロのように溜ったこの重油でございま
す。これを焼き討ちするんです。
 この、始まったばかりの尖閣が橋頭堡としてこれに鎮めれば、政治がやっ
と戦後50年、国民に対する責務を果たせる方向に進むことになろうと私は
確信しております。暑い中、本当にありがとうございました。」

…拍手…


■西村眞悟議員・尖閣諸島視察報告会(3) 

(司会)ここで、西村代議士に感謝の念を表明したいということで、千羽鶴を
一羽一羽折って下さいましたお母さま方がいらっしゃいます。日本国の領土
を護れという悲願を込めた千羽鶴でごさいます。お渡しを戴きますのは、
「日本の教育を考える母親の会」北川きよみさんでございます。北川さん、
どうぞ西村代議士にお渡し下さいませ。

…拍手…

***

(司会)ここで、本日どうしてもこの場に参加出来ませんでしたが、皆様ご存
知のように、西村眞悟議員と共に尖閣に上陸をされました、地元石垣市議
会議員仲間均氏よりテープが届いております。どうかご静聴を戴ければと
思います。

「西村先生、そして、会場にお集まりの皆さんこんにちは、沖縄県石垣市議
会議員の仲間均です。西村先生、先日はわざわざ遠い尖閣諸島まで足を
運ばれ、国勢レベルから初めて同島を視察をなされ、我が国の領土及び領
海を護る為に毅然とした行動をなされた事に対し、深く敬意を表する次第で
あります。
 さて、私は自分の微力を知りながら、なぜ、尖閣諸島を護る為に立ち上が
ったのかという事について申し述べたいと思います。
 私は一国、例えば日本と言う国の、最低の創設基盤を維持する為には、
自国の領土及び領海を護る事であると思うわけであります。それを抜きに、
我が国の平和や繁栄を語る事はできない、かように確信をしている所であ
ります。
 ところでこのような観点から我が国の現状を見ますと、北方四島や竹島さ
えももぎ取られ、明治28年に閣議決定をし、尖閣諸島と共に日本の領土と
なったと。しかして現在は、韓国の実行支配下に置かれていると申し上げて
も良いような状態になっておりますし、あそこに近付くだけで日本の漁船な
どは実弾射撃を受け、また、拿捕されるということであります。これは明らか
に不当極まり無いことであります。
 一方、尖閣諸島は、我が行政区域でありますが、香港、台湾等の強硬グ
ループが領有権を主張して、様々な挑発を繰り返し、あわよくば第二の竹
島化を目論むような行動を展開しておる事は甚だ遺憾であります。
 尖閣諸島が我が国固有の領土である事は、近年を例えれば、沖縄県が
本土から切り離されて帝国の支配下になった時、尖閣諸島も同様な取扱が
なされ、米軍の射撃訓練場として使用され、そして、沖縄の返還と同時にこ
の尖閣諸島も日本に帰属された事は皆さんご承知の通りであります。これ
は国際法上同島が我が国の領土である事の証明だと確信しておるわけで
ございます。それに対して、当時中国政府や台湾、香港からは、何等の異
議申立てもされず、したがって日本の領土である事を容認していたのであり
ます。
 もう一点は、現在の同島の所有者・栗原氏からは、毎年石垣市に対し固
定資産税が納付されております。つまり、石垣市の行政管轄区域に属して
いるからであります。
 また、歴史的経緯によれば、大正8年、魚釣島付近で遭難した中国福建
省の漁民31人が、当時魚釣島で鰹漁などしていた漁民と豊川ぜんがく氏
らによって救助され石垣村に収容され、全員を中国へ無事送還をしており
ます。その後、大正9年5月20日に、豊川氏ら四人に贈られた中華民国長
崎領事からの感謝状には、漁民の遭難した場所を、日本帝国沖縄県八重
山郡尖閣列島と記してあり、中国の外交文章にも日本の領土と明記されて
おります。
 従いまして尖閣諸島は、歴史的にも、国際法上も、我が国固有の領土で
ある事は疑問の余地はないのであります。

 中国と台湾などが尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは、1968年の6
月、国連アジア極東委員会が、尖閣諸島周辺の東シナ海大陸棚に石油が
埋蔵している可能性があると報告した後、にわかに周辺諸国が注目をする
ようになったのであります。しかし、1972年9月の日中正常化に伴い、中
国側からの領有権主張は一時影を潜めておりましたけれども、1978年4
月に中国漁船団が一週間に渡って尖閣諸島周辺で領海侵犯を繰り返すと
いう事件が起きて以来、このような行為が頻繁に発生しております。

 尖閣諸島近海は豊かな漁場で、本土や沖縄本島はもとより、宮古、我が
八重山の漁民達の好漁場として利用されているわけであります。香港や台
湾の凶悪グループがこの好漁場にやって来て騒ぎ立てれば、これらの漁民
は生活の基盤を理不尽にも失うことになるわけであります。日本の領土防
衛、漁民の生活、これらを護る為に尖閣諸島を護らなければならないと私
は決心し、決起したわけであります。

 幸いにして私のこうした小さな行為が西村先生にも届き、そして、国の防
衛を考えてゆく一石となりました。今後、西村先生の御行為は、関係行政区
や漁業関係者、しいては全国民に…(取材テープ切れの為一時中断)…お
願い申し上げ、私はこれを退壇と致します。誠にありがとうございました。」

(司会)ありがとうございました。ただ今この瞬間にも尖閣に行っていらっし
ゃいます、仲間市議会議員の連帯のメッセージでございました。


 
■西村眞悟議員・尖閣諸島視察報告会(4)

(司会)それから、その仲間議員が共著の形で尖閣上陸に関する本をお出
しになるそうでございます。まだ詳細は未定でございますが、こちらの尖閣
上陸の出版に関する資金カンパのお願いもまいっております。ここら辺は
後程まとめて皆様にご報告をさせて戴きます。

 えー、先ほど西村議員より、民主党某議員の余りの情けない発言に対す
る批判がございました。確かにひどい議員もおりますが、素晴らしい議員の
先生方も来ていらっしゃいます。本日、西村議員に連帯を表明する為に、党
派を超えて衆参両議院議員の先生方がお越しでございます。誠に恐縮で
ございますが、一分程度でご挨拶をお願い致したいと思います。まず、自民
党から駆けつけて来ていただきました、皆様には本当にお馴染みの、愛
国、憂国の我らが同志、板垣ただし参議院議員より一言だけご紹介して戴
けたらと思います。

「ご紹介を賜りました、自民党の参議院議員・板垣ただしでございます。本
日は、まさに尖閣に燃え上がったこの炎の下に、これだけ国を思い、民族
の誇りを思う皆様方のご参集をいただき、我が敬愛する西村先生からまさ
に切々たる魂の訴えを承り、感銘に耐えないところであります。
 先般、中国の李鵬首相がオーストラリアを訪問した時に、オーストラリアの
首相に「あぁ、日本などというのは、三十年もすれば潰れる国なんだ」と言っ
たことが報道され、これは外務省にも確認致しましたが、非公式にはこれが
オーストラリア側からそうした話しのあった事が漏れたという事を認めてお
る。皆さん、まさに今の日中関係というものを象徴しているではありません
か。つまり、日本はナメられておるんです。中国、これは今なお共産党の一
党独裁体制下にある国である。そういう国の言い分は言い分として、彼らの
言い分は、まさに共産党のイデオロギーの言い分としてあるでしょう。
 しかし、我々には我々の言い分があります。日本人には日本人の誇りが
あり、魂があります。今までは相手側の言い分のみに屈し、意を迎えるに
汲々として、靖国参拝すら止めてしまう。
 こうした流れの中で、まさに民族の魂を、日本人の行動を身をもって、命
懸けでやったのが盟友西村眞悟さんであります。我々も志を共にするもの
として、これを大きな偉大な突破抗として、我が国の真の再建の為に全身
全霊を傾ける事をお誓い申し上げまして、ご挨拶といたします。」

(司会)引き続きまして、新進党参議院議員・長野しげと先生よりお言葉を
お願い致します。

「えー、ただ今ご紹介に与かりました参議院議員の新進党、長野でございま
す。本日は、西村議員の報告会に、志を同じくする皆さん方が、暑い中大多
数万堂にお集まり戴きまして、本当に御同慶に堪えません。
 えー、西村議員は日本国民に対し、そしてまた世界の国々の人々に対し
て、日本人ここにあり、主権とはこういうものなんだと、領土権というのはこう
いうものなんだということを示して戴きました。誠に快挙でありました。
 私は新進党に於いて西村議員と共に、「正しい歴史を伝える会」「北朝鮮
拉致疑惑日本人救援議員連盟」、そして来週発足します「日本会議議員連
盟」等々で行動を共にしております。さらに、近く憲法関係の議員連盟が出
来ますが、これも一緒に仕事をすることになると思います。
 この西村議員の快挙を、新たなる基点と致しまして、日本を日本たらし
め、そしてまた日本人を日本人たらしめる為に、皆さん方と共に、西村議員
と共に力一杯頑張りたいと思いますので、よろしく御鞭撻のほどをお願い致
しまして、本日のお祝いの言葉に換えます。」

(司会)引き続きまして、元防衛庁長官、新進党衆議院議員・神田あつし先
生よりお言葉をお願いいたします。

「大変お暑いところ、このように皆さん方ご参し戴きまして、誠にありがとうご
ざいます。私は防衛庁長官でありまして、しかも、西村先生は元々民社党
関連の議員さんでこざいました。そういう関係では少し先輩であるということ
で、このような西村先生の尖閣諸島上陸の快挙を感じさせて戴きました。
 やはり、カルチャーショックというのか、或は社会党、自民党が一緒になっ
ているような状況が果して良いのかというような事も含みまして、日本国が
日本国民として、精神的にもきちんと燃え切らなければならないという風な
事では、西村先生のこの決行は今後の尖閣諸島に対する日本国の実効支
配という事に対して、多くのショックを国民の皆さんに、或は、おっかけした
かと思うんですが、今後とも西村先生の活躍を一生懸命支援してまいりま
す。よろしくお願いします。」

(司会)引き続きまして、新進党参議院議員・田村ひであき先生よりお言葉
を頂戴したいと存じます。

「どうも皆さん、衆議院議員の田村ひであきでございます。私は、新進党に
来て一番感激をしている事は、西村眞悟さんという国士と同志になれたとい
う事であります。そしてこの事は、今、日本の政治の中で一番大切な国家
主権について、色々な改革も必要でしょうが、国家が国家としての有るべき
姿をきちっと作り上げないといけない。21世紀までに3年しかありません。
この期間にやらなきゃならない。
 昨日も外務委員会で、私は西村眞悟さんの行動は勇気ある行動であると
外務大臣に質問。同じような訳の分からない返事をしていました。ここを直
さない限り、私達が力を振り絞って頑張らなきゃならないのは、この点だけ
だと私は思っております。西村眞悟さんと共に頑張ってまいります事をお誓
い申し上げまして、ご挨拶と致します。」

 
■西村眞悟議員・尖閣諸島視察報告会(5) 

(司会)本日は、無所属の議員の先生もお越しでございます。衆議院議員・
米田けんぞう先生より、お話を頂戴致したいと思います。

「ご紹介を戴きました、衆議院議員の米田でございます。西村先生とは、か
の不戦者大決議粉砕の戦い以来、常に同志として外交、安全保障につき
まして主張をしてまいりました。同じ歩みをして来たつもりでおるわけでござ
います。
 今回のこの尖閣諸島の問題でございますが、私からも一つ付け加えさせ
て戴くならば、この尖閣列島と申しますのは、先ほど仲間市会議員のお話
の通りに、中国政府自ら中華民国の時代に日本国の領土であると認めて
おる。また、それと同時に、現在の中国政府につきましても、1950年代の
中国で発行されておった地図、これは、尖閣諸島がはっきりと日本の領土
であるという風に自らが描いておるんです。
 ところが、石油があるらしいという事になったら、あの広大な中国全土から
慌てて教科書を回収してですね、作り替えておるんですね。そんな卑劣、不
義、不当な行為を一つの国家が働いておる。しかも呆れた事に、我が国の
マスコミ、知ってか知らずか、そのような一連の尖閣諸島は、我が国固有の
領土であるという事を、はっきり主張する根拠があるにも関わらず、この事
をはっきりと報道していないと。
 領土が奪われ、かつまた、国民までが拉致されております。これに対して
為す術がない。領土が奪われ、この国の国民が拉致されても、それに打つ
手が無いとなれば、何の為の国家でしょう。もはや国家ではない。色々な課
題がございますけれども、今、我が国の最大の危機は、国家というものが
消滅しつつある、それが今の我が国の最大の危機であると思います。これ
からも西村議員、そしてまた皆さん方としっかり力を合わせて戦ってまいり
たいと、かように思っております。」

(司会)引き続きまして、新進党参議院議員・戸田くにじ先生よりお話をお
願い致します。

「今ちょっと、帰りました。」

(司会)戸田先生、御退席でございます。引続きまして、テレビでもお馴染
の、新進党・松波けんしろう先生にお話をお願い致します。

「ご紹介賜りました、新進党の松波けんしろうでございます。
 日本政府は、どこまで腰抜けか。私達は、何もこの国で、もう一回軍事的
な国にしようという考えは誰も持っていないと思います。けれども、国民一
人一人が本当の日本人の心を持たなければならない。
 ペルーの事件のおり、私達新進党の代議士4名が72名の人質と交替し
たい。そして、秘かに渡航の準備をし、航空券を入手しましたけれども、外
務省から強烈な阻止策をくらい、それを実現さす事は出来ませんでした。幸
いにして、フジモリ大統領は日本人の心を持たれていたのか、平和的解決
などと言う戯言を言わずにテロを撃墜され、見事に解決されました。”平和
的解決”、この一言は日本人の、また日本政府の現状を象徴しているような
気がします。私達の国は私達で護らなければならない。
 この度の西村代議士の快挙は、今月の18日、海上保安庁は観閲式を行
うことになっておりましたけれども、台湾、或は香港の人達が尖閣に向かう
という事で予定を中止し、海上保安庁の主力が尖閣に向かい、そして上陸
を阻止する、このように全官庁に通達を出しました。結局は西村代議士の
快挙によって、ちょこっと政府は目から鱗がという状況であるかも知れませ
ん。いずれに致しましても、西村代議士と志を同じくする一人として、手を携
え力を合わせて頑張ってまいりたいと思います。
 今日は、本当に蒸し暑い中、御参集賜りました事を心からお礼申し上げま
して、私のご挨拶に換えさせて戴きます。」

(司会)その他にも党派を超えまして、代理のご出席の方が沢山来ていらっ
しゃいますが、ともかくこれだけの状況である為、受け付けとの連絡が中々
取れませんので、沢山の議員の代理の方がお越し戴いたという御披露にさ
せて戴きます。


 
■西村眞悟議員・尖閣諸島視察報告会(6)

(司会)それでは、本日のこの会場の熱気を込めまして、要望書の採択をさ
せて戴きたいと思います。皆様、御手元の資料に要望書が入ってございま
す。要望書朗読を、西村議員と共に同行致しまして、石垣島で待機をしてい
ました、服部もりたかさんにお願い致します。それでは服部さん、よろしくお
願いします。

「<尖閣諸島における日本の領土主権を護る要望書>

 我が国の固有の領土である尖閣列島に対する領土侵犯が頻繁に行われ
ている現在、我々は政府に対し、領土主権を護る意志を明確に示し、領土
侵犯者に対しては、断固たる処置をとることを要望致します。
 そもそも尖閣列島は、明治27年に我が国が領有を決定して以来、一貫し
て我が国領土として国際的に認められて現在に至っています。
 しかしながら中国政府は、尖閣列島を台湾の付属諸島であるとして、あた
かも自国の領土であるかのように表明してはばからず、これは、国際紛争
を引き起こす原因を作ることに他なりません。
 我々は、我が国固有の領土を護る事はもちろん、国際紛争を未然に防
ぎ、国際社会の平和と安全を確保する為にも、日本政府が確固たる姿勢
で、尖閣列島が我が国領土である事を表明し、これを侵犯するものを排
除、かつ逮捕する事を要望いたします。

               平成9年5月16日

                    尖閣列島侵犯阻止を求める会」

(司会)ありがとうごさいました。ここで会場の熱気を込めまして、盛大な拍
手をもってこの要望書の決議をしたいと思います。どうぞ拍手をお願い致し
ます。

…拍手…

(司会)西村衆議院議員の勇気に応える為に、今我々が何ができるか? 
何をすればいいのかというような事を、これからご紹介させて戴きます。皆
様にお願いしたい諸々の連絡事項がございます。まず、尖閣諸島視察に同
行されました、佐藤まさひろさんより幾つかの皆様へのメッセージをお願い
致します。

「皆様、本日御手元に御配り致しました資料の中にですね、今回の西村代
議士が尖閣上陸に至りますまでのビデオが出来上がっております。それと
合わせまして、渡辺昇一先生や、谷沢永一先生の書籍のベストセラーで有
名なクレスト社から緊急出版、西村眞悟著『誰か祖国を思わざる』、これ
が、おそらく今月25日以降に店頭に並びます。この本がですね、ベストセラ
ーになることで、世論を喚起して、お一人お一人の皆様がお読み戴くのと合
わせまして、ご家族、お友達、御友人にお薦め戴きまして、日本全国で西村
の主張を広めて戴きますようにお願い申し上げます。以上でございます。」
 今後とも、尖閣諸島をしっかり我々が護っていく為には、やはりどうしても
軍資金が要ります。尖閣諸島を護る会へのカンパ振り込み用紙が資料の
中にございます。どうかご協力を戴きたいと思います。更に、郵便振込みな
ど待っていられないという方の為にですね、入り口の所にカンパ箱がござい
ます。どうか、そちらにもお願いしたいと思います。千円投じて戴ければ千
円分、五千円投じて戴ければ五千円分、領土がしっかりと護られます。どう
かご協力をお願いをしたいと思います。

 それから、要望書にはですね、ここでご記入の上戴く予定だったんでこざ
いますが、ともかくこの状況でこざいます。外にまで人がいらっしゃる状況で
ごさいますので、どうか要望書に賛同の方は、ご記入の上で西村眞悟事務
所の方にお渡しを戴ければと思います。

 この熱気ムンムンの中で行われました大会、お開きの時間でございます。
どうか今日西村議員から聞きました報告を、しっかりと受け止めて戴きまし
て、御一人でも多くの方に広めて戴きたいと思います。それではお開きにあ
たりまして、この快挙を成し遂げられました西村議員に、今一度盛大な拍手
をお願い致します。

…拍手…

 ありがとうございました。それでは本日の集会をお開きにさせて戴きます。


トップへ
戻る