×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

尖閣諸島の領有権問題


尖閣諸島開拓時代の人々 (3)


古賀善次資料





沖縄縣人事録 沖縄朝日新聞社編纂
(昭和12年9月刊)

  古賀商店取締役社長
 古 賀 善 次
  那覇市西本町四ノ一五




君は福岡縣縣入古賀辰四郎の長男にして明治二十六年四月十九日 を以
て生れ、大正七年家督を相続し今日に及 ぶ。海産物輸移出商として殆ど
全縣下に取引網を有し古くから縣内外に知られた老舗たり、時世の進運に
件ひ数年前之を株式會社に変更し、自ら其社長となり、家業堅實に益々隆
盛の一途を辿れり。尚業務の旁ら那覇無敵株式會監査役たり、其他那覇
市水産會代議員、同評議員、那覇鰹節商同業組合、財團法人沖縄奨學
會、沖縄縣膿育協會、那覇市倍育協會等の各評議員として多方面に重き
をなせり、資性渦恭にして實直、然も明朗洞達な反面あり、スポーツに趣味
を有し、琉球新報軋運動部憺常記者として本縣操鰊界に於いても多年其
令名を知らろ。
 【家庭】 妻花子さん(明三一)




    こ     が    ぜん    じ
   古    賀   善    次

   沖縄タイムス芸術選賞選考委員、沖縄
   社会人野球連盟顧問、沖縄軟式庭球連
   盟顧問、ゆう・もあクラブ沖縄支部理
   事、沖縄ユースホステル協会理事、那
   覇.ロータリークラブ会員
 一八九三年、那覇市の生まれ。





「沖縄人物三千人」   沖縄タイムス社刊
昭和35(1960)年3月刊

 東京大倉商業学校に学ぶ (一九一〇年卒)。古賀商店(尖閣列島)の経営のかたわら
那覇商工会議所議員、商工部長の公務をつとめる。一方沖縄野球審判協会々長、沖縄
県体育協会野球部長・庭球部長、沖縄陸上競技連盟副会長、那覇市体育場会副会長、
大日本体育会沖縄県支部理事などを歴任して、沖縄スポーツ界に尽力する。その間に
琉球新報の運動部記者として、ベルリン・オリンピック(一九三六年)に自費出席して取
材にあたる。一九六一年には沖縄タイムス社主催芸術祭の審査員(琉球古典舞踊部
門)をつとめる。

 趣味は旅行
 〔家族〕妻・花子(一八九八年生)
  本籍 那覇市西本町四の一五
  任所 那覇市美栄橋町一の四六
        電話(三)二○八三









『現代』(講談社)第6巻第6号(1972年6月) 142-147頁

毛さん、佐藤さん、尖閣諸島は私の所有地≠ナす
「れっきとした証拠」持ち出し名乗りあげた地主≠フ言い分
                            
                       古賀善次(こが ぜんじ)
                    (那覇市在住)


 登記は石垣島にある

▼解説1
 尖闇列島――。
 沖縄本島のはるか南西、洋上に浮かぶケシ粒のような無人島。日本の地図では、沖縄
県石垣島に属する。魚釣島、南小島、北小島、黄尾嶼(久場島)、赤尾嶼(大正島)の五島
と三つの岩礁からなり、総面積六千三百二平方`。もっとも大きな魚釣島でも東西約四
`、南北一`の小島にすぎない。中国、台湾側の呼称は魚釣台列島。尖閣列島の名は
明治三十二年、沖縄師範の教師・黒岩恒氏によって、その姿かたちから命名されたとい
う。
 ところが、この小さな尖った岩礁が、五月十五日の沖縄復帰を機に、まさにトゲのように
日、中、台の外交問題に突き刺さり、中国との国交正常化には避けて通れない重要懸案
になろうとしている。
 いったい、こんな絶海の無人島が、なぜそれほどの領土問題になるのか。それは、この
海底一帯が、世界の五指に人る最後の大油田≠セということなのだ。ニューヨーク・タ
イムスの評価によれば「一兆j以上の価値」とのこと、そう聞けば騒がれるのも当然とい
うものだろう。
 そこでまず、台湾が自国の領土を主張して、魚釣島に青天白日旗を立てるなど、既成
事実づくりを始め、一方的に世界の大石油資本ガルフ社に、採掘権を与えてしまった。
 そして、つい最近、中国もまた自国の領土を強く主張し始めている。だが、日本政府
は、歴史的に自国の領土であることを確信してどこかのんびりと構えている。また一般
に、日本人のこの問題に対する意識は低い。
 そこで問題は、この島が真に誰のものであるかということであり、歴史的なその経緯と
いうことになる。
 これだけの問題をはらみながら、実はこの島、個人の持ちものだというのである……。
その持ち主≠フ名は、那覇市美栄橋に住む古賀善次さん。七十八歳。
 一兆jといえば、沖縄の年間予算の(二億j)の五千年分。この宝庫尖閣列島の所有
者としては質素すぎるすまいで、リューマチとゼン息とを病んで寝たきりの古賀さんは、き
ちんと布田の上に正坐して、まことに淡々と所有≠フ正当性を訴えるのである。


問題の尖閣列島の所有者という古賀氏



▼証言1
 私は子どももいませんし、考妻と二人でのんびり暮らしておりまして、正直石油騒ぎに
は関心ございません。
 尖閣列島が私個人の所有になったのは昭和七年からですが、そもそも尖閣列島は私
のおやじが探険し、明治政府から使用権を受けていたものなんです。それはもうはっきり
しております。
 私の父親、古賀辰四郎は、一八五六年(安政三年)福岡県八女郡に生まれました。八
女地方はお荼の産地として知られ古賀家も代々荼栽培を主とする中流農家でした。
 古賀家の三男坊だった辰四郎は、明治十二年沖繩に茶の販売にきました。商売は順
調に伸び、以後辰四郎は那覇に居を構えることになりました。そして明冶十五年、八重山
石垣島に支店を設けたのですが、この八重山進出が尖閣列島探険につながったので
す。当時八重山の漁民の間で、ユクンクバ島は鳥の多い面白い島だという話が伝わって
おりまして、漁に出た若者が、途中魚をとるのを忘れて鳥を追っていたというような話が
よくあったそうです。おやじもそんな話を聞いたんですね。そこで、生来冒険心が強い人
間なものだから、ひとつ探険に行こうということになったんです。明治十七年のことですが
ね。
 この探険に詳細な記録は残っておりませんが、何か期するところがあったのでしょう、
翌十八年、父は明治政府に開拓許可を申請しています。しかし、この申請は受理されま
せんでした。当時の政府の見解として、まだこの島の帰属がはっきりしていないというの
がその理由だったようです。
 ところが、父の話を聞いた当時の沖縄県令、西村捨三がたいへん興味を持ちまして、
独自に調査団を派遣しました。調査の結果、島は無人であり、かつて人が住んでいた形
跡もないことがはっきりしまして、以後西村は政府に、これを日本領とするようにとしきり
に上申しました。
 明治政府が尖閣列島を日本領と宣言したのは、父の探険から十一年後の明治二十八
年です。父の探険や西村県令の上申もあったのでしょうが、日清戦争に勝ち台湾が日本
領土となったということが、宣言にふみ切らせた理由と思います。
 この結果父は、三十年無償供与という破格の条件で尖閣列島の借地権を手に入れる
ことになります。破格とはいいますか、要は無価値に等しい島だからということでしょう。
 その後間もなく、父は数名の労働者を引きつれて魚釣島に渡りました。
 いちばん広くて水のあるのは魚釣島だけですからね。父が事業をしていたころは、久場
島、南小島、北小島にも労働者が住んでいましたが、みな天水利用です。むろん畑なん
かもできません。食糧は石垣島や那覇から運ばせていました。
 父はこの四島に、鳥の羽根加工や鳥の糞を含んだ珊瑚礁を切り出す工場を作り魚釣
島にはカツオ節の製造工場も作りました。何しろ海鳥の宝庫≠ナす。カツオドリ、セグ
ロアジサシ、アホウドリ、ウミツバメなどが群生していましたから。そして、加工した羽根や
剥製は主にドイツを中心に欧州へ輸出しました。また、グアノと呼ばれる鳥糞を含んだ珊
瑚礁は、肥料として台湾に売りました。
 事業は当たったようです。父が陣頭に立って、十五d程度の船が入れる港もつくられま
した。
 あの島に、多い時は二百人を越す工員や労働者が住みつきまして、活気にあふれてい
たものでした。
 大正七年、父は、六十三歳にしてこの世を去り、私が跡を継ぎました。そして大正十五
年には三十年の借地期限も切れたのです。
 そこでしばらくは借地料を払ってカツオ節工場を経営していたのですが、だんだんそれ
が負担になってきましたので、昭和六年に払い下げを申請し、翌年許可されました。その
日から魚釣島、久場島、南小鳥、北小島の四島は私の所有ということになったわけなの
です。これら島の登記は、現在も石垣市にちゃんととありますよ。


  中国も認めた古賀氏の所有権

▼解説2
 では、台湾や中国は、どういう論拠をもって魚釣台列島≠自国領というのだろうか
……。
 去る三月三日、ついに中国は、国連の場(海底平和利用委員会)で「米国は日本の反
動勢力と共謀し沖縄返還≠フ欺まんを利用して尖閣列島を日本の領土に組み入れよ
うとしている」と非難し、「台湾省とそれに属するすべての島は、尖閣列島その他を含め
中国の神聖な領土の一部である」と強詞している。
 まず最初にクレームをつけてきたのは台湾だが、国民党発行の魚釣列島問題資料
彙編≠ネどから見ると、その論拠は遠く四百年以上の昔に遡っている。そもそも発見した
のは中国人で、一五二四年にはその名が古書に見えるというのだ。冊封使として琉球王
に使いした勅使の航海日誌に、この島のことが記録されており、中国領とされているとい
うのである。
 そして、古くから漁民はこの海域で操業を続け、避難地としても使っているからともいっ
ている。なおいまひとつの理由は、日本の文献にこの島の名が載っておらず、明治十四
年の内務省の地図には尖閣列島の名はあるが、個々の島名は載っていない。だから…
…、というわけである。
一方、中国側の主張は、歴史的な根拠としてはほぼ同じ。ただこれに「日本政府は中日
甲午戦争(日清戦争)を通じてこれらの島をかすめ取り、さらに当時の清朝政府に圧力を
かけて、台湾および澎湖列島の割譲という不平等条約(下関条約)に調印させた」という
いいかたがつく。
 さて、対する日本の主張の要点は、「尖閣列島は明治十八年以後調査を行なってきた
が、無人島であり清国の影響がおよんだ形跡はない。それを確認して明治二十八年一
月十四日に正式に宣言をして領土に編人した。よって明治二十八年五月に締結された
下関条約で、清国から割譲を受けた台湾および澎湖諸島の中に尖閣列島は含まれてい
ない。なおサンフランシスコ条約でも、尖閣列島は放棄した領土には含まれておらず同条
約に基いて米施政権下におかれた」というわけである。

▼証言2
 おやじが探険してから九十年近く、私が払い下げを受けてから四十年にもなります。に
もかかわらず中国が何かいい始めたのは、やっとここ二、三年のことじゃないですか。何
をいっているんですかねえ。
 戦後、私の所有する島のひとつ久場島を、米軍は射爆場として使いはじめました。
 使いはじめたのは終戦直後かららしいんですが、米軍が私に借地料を払うようになった
のは昭和二十五年からです。
 地料は年額一万jあまり。無期限便用となっていました。
 だから私は、石垣市にちゃんと固定資産税を納めています。昭和三十四年からです
が、去年までは四百j、今年からは四百五十j、ちゃんと払っているんです。
 それに、中国もかつてははっきりと日本領土と認めているんです。事実もありますよ。
 大正八年、中国福建省の漁船が、尖閣列島沖合いで難破しました。そのとき、たまたま
私の船がそれを発見し、難破船と三十一人の乗組員を助けて石垣島へつれてきて、手
厚い保護をしました。私だけでなく、石垣の人たちも彼等を親切にもてなし、修理をおえた
船とともに中国へ帰してやったのです。
 翌年ですよ、中国政府から私をはじめ石垣の関係者に感謝状が送られてきましてね。
その宛名は、日本帝国沖縄県八重山郡島尖閣列島でしたよ。いま中国がいっている魚
釣台ではなく、ちゃんと尖閣列島になっています。個人からの手紙ではありません。政府
としての感謝状なんです。ええ、いまでも保存してありますよ。


油田の試掘を

▼解説3
 琉球政府のある人物がいった。「五月十五日が開始のゴングですよ。それから、沖縄
資本、本土資本、国際資本の血みどろな闘いが始まるわけです。外交の面から見ても、
石油なんかなきゃよかった……」
 発端は先にも述べた台湾政府のガルフに与えた採掘許可といえる。当時すでに、この
海域に豊富な石油資源が埋蔵されていることは知られていた。一番手は米海軍。海洋
調査船FVハント号が大油田の存在をかぎだす。が、米海軍は慎重≠ノ、発表をさけ
た。しかし、二番手の国連エカフェのCCOP(アジア沿海鉱物資源共同探査調整委員会)
の調査結果発表で表面化し、総理府も調査に乗りだした。むろんこの話を、本土石油資
本が虎視タンタンとねらっていたことはいうまでもない。
 ところがここに、そうした大規模な調査とは別に二十三年間も独力で調査し、その存在
を探り当てていた人がいた。そして昭和四十四年二月、必死のやりくりをして、尖閣を中
心に五千余件の鉱業権の申請をした。原則として石油の採掘権は最初に申請した人間
に与えられる。
 当然、横目で見ながらねらっていた石油開発公団は慌てた。そして、その一週間後、同
公団職員である沖縄出身者古堅総光氏の名まえで七千五百件の鉱業権を申請した。と
ころが、それを追うように第三の申請者が現われた。
 こうしてついに、第一の申請者を守る会ともいうべき「尖閣資源促進協議会」まで発足。
この会の会長である平良良松那覇市長をしてこういわせている。
 「本土の資本の力で、これまでけんめいに努力してきた人の業績をふみにじり、地元に
いわず通さず、一方的に利益を吸い上げて、残ったものは石油公害だけという愚を、県
民のために避けねばならんということですよ」
 では、もう一人の渦中の人、大見謝(おおみじゃ)恒寿さん(四十六歳)に、その過去と
現在を聞いてみる。氏は現在那覇市国際通りで宝石商を営んでいる。

▼証言3
 そりゃあもう、最初はみんな気違いあつかいでしたよ。
 戦後大阪から郷里の国頭(くにがみ・本島北部)に引き揚げできましてね、焼け野ケ原
になった沖縄を見ながらいろいろ考えたものです。あの戦争はいったい何で起こったんだ
ろうかなんてね。そのころですよ、沖縄にも石油があるんじゃなかろうかという考えにとり
つかれたのは。
 石油があると考えた理由は簡単ですよ。
 八重山には石炭が出るんです。古い文献なんか見ていると、どうもも油もあるらしいん
です。で、調べてみると、たしかに竹富島の海域には石油天然ガスが噴き出しています
し、油も浮いている。有孔虫の死がいなんかも無尽蔵にありますしね。
 とはいっても、専門は機械技術で、私は石油はまったくの素人なんです。ですから、海
へもぐつて海水や岩などを集め、あちこちに頼んで分析してもらいました。地質を調べる
ため自分でボーリングもやってみました。
 今思えばいわば石油気違いになったようなものでした。以後十九年間に、尖閣列島周
辺に行った回数は二百回を越えています。そして、日を追って石油があることに自信を深
めて行ったわけです。
 昭和四十一年、私は、三百八件の試掘権を琉球政府に出願し、四十四年には五千百
五十五件の採掘権を追加申請しました。エカフェや総理府の調査より数歩先行してまし
たね。
 ところが、エカフェの調査によって石油があると発表されてから大騒ぎになりました。
 このときからあの島をめぐって、石油戦争″が始まったのです。
 まず日本の石油開発公団側から一緒にやろうという話が持ちこまれました。いろいろと
うまい話も出ました。しかし、狂人といわれた十九年の苦労をそう簡単に人手に渡せるも
のではありません。私は断りました。
 すると、二度目の出願の一週間後ですが、古堅総光さんという名で七千五百件の鉱業
権が申請されたのです。調べてみると古堅なる人物は沖縄開発公団の職員だったので
す。
 それからですよ、根も葉もない中傷が流れ出しましてね。バックに外資がついている、
右翼系の悪いヒモがついている、はては、あいつは売国奴だ、とまでいわれました。私は
外資は断わっているんです。外資のヒモつきは本土側ですよ。本当に腹が立ちました。
 ところが、更に第三の申請者、新里景一さんという人物が一挙に一万千六百七十一件
の大量出願者として登場してきたのです。しかも、この鉱区は、どういうわけか私の出願
した鉱区と重複し、その上私の書類の不備をつくかたちて申請されたのです。
 その人も、前に私と一緒にやりたいといってきた人物でね、背後にはアメリカ系資本が
ひかえていての話なんです。
 私が断わった結果が丸写し式の申請というわけなのでしょうか。なお、この人の申請し
た権利は、昨年十月アメリカ側に渡ったということです。
▼解説4
 この尖閣列島問題、すでに不吉な形容詞がたくさんついている。いわく第二の竹島
∞第二の山東問題=Aあるいは日中間の金門島%凵X。
 まちがってもおかしなことにはしてもらいたくない。米中会談以後、特に自主性を問われ
る日本外交にとって、すでにアメリカからゲタをあずけられた格好のこの問題こそ、その
試金石として問われることになりそうだ。
  (インタビューと構成・若林弘男=在沖縄)







トップへ
戻る