×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

尖閣諸島の領有権問題


尖閣諸島の領有権問題についての基本見解−外務省−

(Japanese)
 
尖閣諸島の領有権問題についての基本見解

 尖閣諸島は、1885年以降政府が沖縄県当局を通ずる等の方法により 再三にわたり現地調査を行ない、単にこれが無人島であるのみならず、 清国の支配が及んでいる痕跡がないことを慎重確認の上、1895年1月14 日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定を行なって正式にわが国の領 土に編入することとしたものです。
 同諸島は爾来歴史的に一貫してわが国の領土たる南西諸島の一部を 構成しており、1895年5月発効の下関条約第2条に基づきわが国が清国 より割譲を受けた台湾及び澎湖諸島には含まれていません。
 従って、サン・フランシスコ平和条約においても、尖閣諸島は、同条約第 2条に基づきわが国が放棄した領土のうちには含まれず、第3条に基づき 南西諸島の一部としてアメリカ合衆国の施政下に置かれ、1971年6月17 日署名の琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間 の協定(沖縄返還協定)によりわが国に施政権が返還された地域の中に 含まれています。以上の事実は、わが国の領土としての尖閣諸島の地位 を何よりも明瞭に示すものです。
 なお、中国が尖閣諸島を台湾の一部と考えていなかったことは、サン・フ ランシスコ平和条約第3条に基づき米国の施政下に置かれた地域に同諸 島が含まれている事実に対し従来何等異議を唱えなかったことからも明 らかであり、中華人民共和国政府の場合も台湾当局の場合も1970年後 半東シナ海大陸棚の石油開発の動きが表面化するに及びはじめて尖閣 諸島の領有権を問題とするに至ったものです。
 また、従来中華人民共和国政府及び台湾当局がいわゆる歴史的、地理 的ないし地質的根拠等として挙げている諸点はいずれも尖閣諸島に対す る中国の領有権の主張を裏付けるに足る国際法上有効な論拠とはいえ ません。
引用元:外務省 「 尖閣諸島の領有権についての基本見解」 
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/senkaku/




(English)

[provisional translation]

The Basic View on the Sovereignty over the Senkaku Islands

From 1885 on, surveys of the Senkaku Islands had been thoroughly made by the  Government of Japan through the agencies of Okinawa Prefecture and by way of  other methods. Through these surveys, it was confirmed that the Senkaku Islands  had been uninhabited and showed no trace of having been under the control of  China. Based on this confirmation, the Government of Japan made a Cabinet  Decision on 14 January 1895 to erect a marker on the Islands to formally  incorporate the Senkaku Islands into the territory of Japan.

Since then, the Senkaku Islands have continuously remained as an integral part of  the Nansei Shoto Islands which are the territory of Japan. These islands were  neither part of Taiwan nor part of the Pescadores Islands which were ceded to  Japan from the Qing Dynasty of China in accordance with Article II of the Treaty of  Shimonoseki which came into effect in May of 1895.

Accordingly, the Senkaku Islands are not included in the territory which Japan  renounced under Article II of the San Francisco Peace Treaty. The Senkaku Islands  have been placed under the administration of the United States of America as part  of the Nansei Shoto Islands, in accordance with Article III of the said treaty, and are  included in the area, the administrative rights over which were reverted to Japan in  accordance with the Agreement Between Japan and the United States of America  Concerning the Ryukyu Islands and the Daito Islands signed on 17 June 1971. The  facts outlined herein clearly indicate the status of the Senkaku Islands being part  of the territory of Japan.

The fact that China expressed no objection to the status of the Islands being under  the administration of the United States under Article III of the San Francisco Peace  Treaty clearly indicates that China did not consider the Senkaku Islands as part of  Taiwan. It was not until the latter half of 1970, when the question of the  development of petroleum resources on the continental shelf of the East China  Sea came to the surface, that the Government of China and Taiwan authorities  began to raise questions regarding the Senkaku Islands.

Furthermore, none of the points raised by the Government of China as "historic,  geographic or geological" evidence provide valid grounds, in light of international  law, to support China's arguments regarding the Senkaku Islands.
引用元:外務省 
 尖閣諸島の領有権についての基本見解 − 英語版(English)

http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/senkaku/senkaku.html








中国語版はこのホームページでは全文を表示することができません。
コピーしても下記のようになります。

中国語版(中文)(PDF)を読まれたい方は

http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/china/pdfs/r-relations_cn.pdf
を開いてください。


中国語版(中文)(PDF)



 (??) 
  我国?于尖????有?的基本?解 

  自一八八五年以来, 日本政府通?冲??当局等途径多次?尖????行?地??, 慎重??尖???
不??无人?, 而且没有受到清朝?治的痕迹。在此基?上, 于一八九五年一月十四日, 在
内?会?(??)上决定在?上建立??, 以正式?入我国?土之内。 
  从那?以来, 在?史上尖???便成?我国?土南西??的一部分, 并且不包含在根据一八九
五年五月生效的≪??条?≫第二条由清朝割??我国的台湾及澎湖??之内。 
  因此, 尖???并不包含在根据≪旧金山和平条?≫第二条我国所放弃的?土之内,而是
包含在根据?条?第三条作?南西??的一部分被置于美国施政之下,并且根据于一九七
一年六月十七日?署的日本国与美利?合?国?于琉球??及大???的?定(?称?冲????定), 将
施政????我国的地区之内。上述事?明??明尖???作?我国?土的地位。 
?外,尖???包含在根据≪旧金山和平条?≫第三条由美国施政的地区,中国??一事?从
未提出?任何??,?明?表明当?中国并不?尖????台湾的一部分。无?是中?人民共和国政
府,?是台湾当局,都是到了一九七零年后半期,?海大?架石油??的?向浮出水面后,才
首次提出尖????有???。
 而且,中?人民共和国政府及台湾当局从前提出?的,所??史上,地理上,地?上的依据
等各??点,均不能?成国?法上的有效?据来?明中国?尖????有?有?的主?。


http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/china/pdfs/r-relations_cn.pdf


























____________________________________________________________________________________________________________________________
____

(旧版)


                            1972.03.08発表 
尖閣諸島の領有権問題について

 尖閣諸島は、明治十八年以降政府が沖縄県当局を通ずる等の方法 により再三にわたり現地調査を行ない、単にこれが無人島であるのみ ならず、清国の支配が及んでいる痕跡がないことを慎重確認の上、明 治二十八年一月十四日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定を行 なって正式にわが国の領土に編入することとしたものである。

 同諸島は爾来歴史的に一貫してわが国の領土たる南西諸島の一部 を構成しており、明治二十八年五月発効の下関条約第二条にもとづ きわが国が清国より割譲を受けた台湾および彭湖諸島には含まれて いない。

 したがって、サン・フランシスコ平和条約においても、尖閣諸島は、同 条約第二条にもとづきわが国が放棄した領土のうちには含まれず、第 三条にもとづき南西諸島の一部としてアメリカ合衆国の施政下に置か れ、昨年六月十七日署名の琉球諸島及び大東諸島に関する日本国 とアメリカ合衆国との間の協定(沖縄返還協定)によりわが国に施政 権が返還された地域の中に含まれていまる。以上の事実は、わが国 の領土としての尖閣諸島の地位を何よりも明瞭に示すものである。

 なお、中国が尖閣諸島を台湾の一部と考えていなかったことは、サ ン・フランシスコ平和条約第三条にもとづき米国の施政下に置かれた 地域に同諸島が含まれている事実に対し、従来何等異議を唱えなか ったことからも明らかであり、中華人民共和国政府の場合も台湾当局 の場合も一九七〇年後半東シナ海大陸棚の石油開発の動きが表面 化するに及びはじめて尖閣諸島の領有権を問題とするに至ったもの である。

 また、従来中華民国政府および中華人民共和国政府がいわゆる歴 史的、地理的ないし地質的根拠等として挙げている諸点はいずれも 尖閣諸島に対する中国の領有権の主張を裏付けるに足る国際法上 有効な論拠とはいえない。 
『戦後日本政治・外交データベース』
日中関係資料集
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPCH/19720308.O1J.html
[文書名] 尖閣諸島の領有権問題について(日本外務省)
「外交青書16号」,507−508頁.

原典:外務省アジア局中国課監修 『日中関係基本資料集 1970年−1992年』 P
73 
______________________________________________________________________________________________________________________









__________________________________________________________________________________________________

外務報道官談話
尖閣諸島周辺領海内における我が国巡視船と中国漁船との接触事案
平成22年9月25日

1.尖閣諸島が我が国固有の領土であることは、歴史的にも国際法上も疑いのない
ところであり、現に我が国はこれを有効に支配している。尖閣諸島をめぐり、解決す
べき領有権の問題は存在していない。
2.今般の事案は、中国漁船による公務執行妨害事件として、我が国法令に基づき
厳正かつ粛々と対応したものであり、謝罪や賠償といった中国側の要求は何ら根
拠がなく、まったく受け入れられない。
3.日中関係を安定的に発展させていくことは、日中両国のみならず、地域及び国際
社会にとっても極めて重要であり、日中双方は大局的な立場に立って引き続き戦略
的互恵関係の充実を図っていくことが重要である。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/22/dga_0925.html



























トップへ
戻る



尖閣諸島について