×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

尖閣諸島の領有権問題


参考資料(2) 政治


− 日本 −
(01) 外務省の尖閣諸島の領有権問題についての基本見解 政府・外務省
(02) 尖閣諸島について 外務省情報文化局
(03) 西村眞悟議員・尖閣諸島視察報告会 西村慎悟
(04) 第11管区海上保安本部・尖閣諸島 第11管区海上保安本部
(05) ______中国漁船による集団領海侵犯事件   〃
(06) _______海上治安の維持   〃
(07) ______ 在日アメリカ合衆国軍  海上訓練区域一覧表   〃
(08) 日本共産党−尖閣列島の領有権問題をどう考える? 日本共産党
(09) 尖閣諸島の領有権問題と中国の東シナ海戦略 平松茂雄
(10) 武力攻撃事態への対処に関する特別委員会 国会議論
(11) 尖閣列島に関する琉球立法院決議および琉球政府声明 琉球政府立法院議事録
− 台湾・中国 −
(31) 釣魚島(尖閣列島)に関する中国外交部声明
(32) 台湾の李登輝前総統−尖閣諸島は日本の領土
(33)
(34) 釣魚島(尖閣列島)に関する中国外交部声明
(35) 『釣魚島などの島嶼は昔から中国の領土である』 北京周報編集部
− 勅令・条約・法律・議事録 等 −
(51) サンフランシスコ講話条約 第2章領域      
(52) 海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)
(53) 「日台条約」
(54) 日中平和条約
(55) 中国の領海宣言
(56) 海洋法に関する国際連合条約 (国連海洋法条約)
(57) 海洋基本法  (平成19年4月27日法律第33号)
(58)
平成21年9月30日
__________________
戻る



尖閣諸島の領有権問題についての基本見解−外務省−
第11管区海上保安本部・尖閣諸島
「尖閣諸島は日本領土」 李登輝前台湾総統
釣魚島(尖閣列島)に関する中国外交部声明
サンフランシスコ講話条約 第2章領域