×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

尖閣諸島の領有権問題


開拓時代、そして戦後の調査時代

全体目次
(1) 開拓時代の写真
(2) 開拓時代に作られた地図
(4) 尖閣諸島を開拓した古賀辰四郎のこと
(3) 戦後の調査時代
(表題をクリックして下さい。各章に移動します。第一章はこの下にあります)




明治43年頃の魚釣島古賀村

外務省文化局が昭和47年ら発行した小冊子「尖閣諸島について」の7頁にこれと同じ写
真がある。
その説明は「魚釣島島の漁業経営。中央人家の向うに日の丸が見える(明治43年)」とあ
るので、
この写真は明治43年のものであろう。












___________________________________________________________________________________________

第1章  開拓時代の写真 目次

(写真を見るには表題をクリックして下さい)
01 日の丸が翻る魚釣島の古賀村 アサヒグラフ・昭和53年5月5日号
02 尖閣諸島を開拓した古賀辰四郎氏
03 日の丸が翻る魚釣島の古賀村(2) アサヒグラフ・昭和53年5月5日号
04 尖閣諸島の古賀商店従業員記念写真
同上
05 魚釣島の船着き場
同上
06 海上保安庁の撮った事業所跡と船着場の写 第11管区海上保安本部
07 魚釣島事業所配置図 明治40年代・古賀辰四郎氏作製 
08 カツオブシ工場でのカツオブシ作り アサヒグラフ・昭和53年5月5日号
09 明治三十年代の魚釣島の住人たち
同上
10 カツオブシ工場の入り口に立つ古賀辰四 アサヒグラフ・昭和53年5月5日号
11 南小島にいた海鳥
同上
12 島の斜面に咲き乱れるユリの花
同上
13 黄尾嶋西南側古賀村の人家
地学雑誌・第13輯第2版 宮島幹之助撮影
14 黄尾島波止場上涯下 
同上
15 黄尾島波止場
同上
16 地學雑誌 第13輯第2版
17 地學雑誌 第13輯第1版










1.日の丸が翻る魚釣島の古賀村(1)


出典:アサヒグラフ・昭和53年5月5日号
 「特報、尖閣列島波高し・無人島ではなかった」 

写真に記された原文:「魚釣島全景 10戸あまりの家がひとかたまりになっている。」
(12-13頁) 
※1 管理者:尖閣諸島では多い時には247名99戸の建物があったと言われておりま
す。 











2.尖閣諸島を開拓した古賀辰四郎氏










3.日の丸が翻る魚釣島の古賀村(2)


出典:アサヒグラフ・昭和53年5月5日号 「特報、尖閣列島波高し・無人島ではなかっ
た」  










4.尖閣諸島の古賀商店従業員記念写真


出典:アサヒグラフ・昭和53年5月5日号 「特報、尖閣列島波高し・無人島ではなかっ
た」(14頁右下) 
原文:「当時の住民達が総出でカツオブシ工場前で記念写真をとった」  

【※ポールの前が伊沢弥喜多氏。伊沢氏から5人目、白の和服が古賀辰四郎氏】




−丁稚奉公の少年達も働いていた−
 
 写真には50名ほどlの人間が写っている。(判別しずらくおよその数であ
る)
 
 「尖閣列島ノート」(高橋庄五郎著)にこういう記事がある。「ここに一枚の写
真がある。一九七八年五月五日号『アサヒグラフ』は,尖閣列島は無人 島で
はなかったという「証拠の写真」を八枚掲載した。それは古賀善次未亡人花
子さんがもっているものだが、そ のなかの一枚は筆者が一九七一年に入手
したものと全くおなじものである。筆者のもっている写真は,一九〇一年二
月に黄尾島で生まれたという伊沢弥喜太氏の長女真伎さんのもっている明
治四十年頃の写真である。そし て、おなじ一枚の写真を古賀花子さんは魚
釣島のものだといい,伊沢真伎さんは黄尾島(黄尾嶼=久場島)のもの だ
という。この写真には事務所の責任者として、日の丸のポールのところに伊
沢弥喜太氏がおり、その右六人目 のところに白い着物を着て帽子をかぶ
り、ステッキをついているのが古賀辰四郎氏である。」 

 雑誌の写真では分からなかっただが、スキャンして拡大したら、左端に5
名ほどの子供達の姿が見える。その横には女性が9名ほど写っている。 
(女性たちはまかない婦たちであろう。何かの本で子供たちが数名丁稚とし
て雇われていたという文章を読んだことがあったが、どうやら事実であったよ
うだ。 (ようやくその何かを見付けた。望月雅彦 「古賀辰四郎と大阪古賀商
店」『南島史学』第35号の中の「南島史学会 1990年」−古賀辰四郎年譜
−」にこうあった。平成21年10月05日) 
     一九〇八年五月、恒藤博士、列島を探険す。 
     同時に宮城、福島二県より七歳十一歳の貧児十一 名を
     丁年迄の契約にて雇入れ渡島せしむ。 
とある。一九〇八年とは明治41年である。貧児とは何だったのだろう。飢饉
で親を失い家を失った子供達のことを言うのだろうか。東北の困窮は昔から
長く続いていたのだ。 丁年とは二十歳のこと。

【お断り】
 現代は七歳や十一歳の子供が働くことを「何と可哀想な」と蔑視するであ
ろう。そして古賀商店がいたいけない子供をこき使って暴利を得ていたと批
判するやも知れぬが、当時の社会状況はけっして現代人が今の価値観で
過去を判断してはならぬものである。真実が分かるまで慎重に結論は出す
べきでない。幼き者の労働が悲劇だとなどというのは現代人の思い上がりで
ある。私は昭和24年生まれであるが、小学校1年から畑で家の仕事を手伝
ったし、6年生になると朝牛の餌をやって学校に行き、帰ったら一人で牛を
畑に連れていって耕すことなど珍しいことではなかった。それをつらいと思っ
たことはない。家の役に立てることは私の誇りであり自慢であった。父は大
正14年の生まれであるが、尋常小学校を出て直ぐに田川の炭坑に丁稚奉
公した。父も決してつらかったとは言わなかった。父の兄弟姉妹皆そうであ
る。いわんや明治31年のことである。決して安易な判断をしてはならない。













5.魚釣島の船着き場
 

尖閣諸島の開拓跡と開拓時代(11) 原題:船着き場  写真:(アサヒグラフ・昭和53年5
月5日号) 魚釣島の工場の平面図(下)には火薬庫があり、ある資料では水路をダイナ
マイトで作ったとあったが、 古賀辰四郎氏の未亡人の花子さんが、「船着き場をつくるの
に十年かかったそうです。機械を使わないで硬いサンゴ礁を砕くのですから。」と記者に
語っておられると資料もある。とすれば、これが事実なのだろうか。 では火薬は何に使っ
たのか。実は漁業にダイナマイトを使う方法もあり初期に使ったのではないかとも言われ
ている。










6.海上保安庁の撮った事業所跡と船着場の写真















7.魚釣島事業所配置図
これは現代に作られた図面ではなく、当時のものです。生活ぶりが文字の上から読み取
れるではないか。再盛期は250名弱の人々が尖閣諸島の事業所で暮らしていたとの資
料もある。上の写真の人々がここで汗を流して働き、歩き、笑い、泣き、悲しみ、喧嘩をし
て一緒に暮らしたのかと思うと地図をなでたくなるではないか。

古賀辰四郎の息子古賀善次の妻花子は船着き場は人手で作ったと聞いている。しかし
右端に畑とあって、その下に火薬庫とある。これは船着場を作るための火薬倉庫ではな
かったのだろうか。一方、火薬を使った漁業が行われていた可能性もあるのだが・・・。










上空より見た魚釣島の船着

この写真を見て、上の事業所配置図にある船着場の形が同じであることに気が付かれ
たのではあるまいか。当然と言えば当然なのだが、「あー、やっぱりここで私達の祖先が
暮らしていたのだ」という感慨が湧くのを止められない。この図の下にその船着場があ
る。これを下の航空写真と比べて頂きたい。私は「同じだ!」と感激した。

海岸線の先の白いのはなんだろう。実はその答えらしきものが、高良鉄雄琉球大が教授
の著書「沖縄の秘境を探る」(昭和25年3月刊)に掲載されている。「魚釣島の沿岸に
は、第三紀砂岩やサンゴ礁が舞台状に展べ開けていることは、前にも述べておいたが、
その岩礁のくぼみに、いたるところに真っ白い氷のようなものが張りつめている。遠くから
ながめると、白い砂たまりのように思われたが、近寄って見ると、それは全く別物であっ
た。よく見ると、塩の結晶なのである。私ども一同、自然界の構成に再び感心させられ
た。その塩の結晶の上を歩くと、ばりばりと音を立てて割れ、手にとってなめて見ると、普
通の塩よりもからいように感じた。この氷塩は、山すそからなぎさにわたっており、岩礁
のくぼみの多い場所では、全面にくぼみの形に応じて白く縁どられている。氷塩の厚さは
二〜五センチ、その結晶は真夏の直射日光を受けてぎらぎらと輝いている。厚い板状に
なったものは、なかなか割れない。この氷塩は、台風によってはこばれてきた彼のしぶき
が、岩礁のくぼみにたまり、それが乾風によって水分の蒸発を早め、濃縮された塩が積
もり、さらに真夏の太陽によって自然の塩ができたようだ。それこそ、全く人手の加わっ
ていない真の天日製塩なのである。














8.カツオブシ工場でのカツオブシ作り


出典:アサヒグラフ・昭和53年5月5日号 「特報、尖閣列島波高し・無人島ではなかっ
た」(15頁) 
原文:「カツオブシ工場でのカツオブシ作り」  







(9)  明治三十年代の島の住人たち
 

出典:アサヒグラフ・昭和53年5月5日号 「特報、尖閣列島波高し・無人島ではなかっ
た」(16頁上) 

※4 管理者:中央下の猟銃を持つ人物が古賀氏ではないかと思われるが、
あくまで推察である。古賀辰四郎氏は沖縄に初めてピストルを持ち込んだと言
われる。未亡人の花子さんは辰四郎氏のことを、「大変なハイカラさん」と語っ
ておられる。この写真の人物は腰に帯ではなく銃の弾帯をまいており、下の 鰹
節工場の入り口に立つ古賀辰四郎氏と言われる写真の帯も帯にしては小さ
く、白色系統の和服に弾帯をまい ているようにも見える。また帽子は西洋のも
のの様である。上の「カツオブシ工場前での記念写真」の添付した高橋氏の指
摘では、「白い着物を着て帽子をかぶり、ステッキを ついているのが古賀辰四
郎氏で ある」と書いておられる。あの写真では小さくてよく分からないが、これ
らの情報から写真の人物は古賀氏 の可能性は高いと言っていいだろう 。  








(10)  カツオブシ工場の入り口  立っているのは古賀辰四
郎さん


出典:アサヒグラフ・昭和53年5月5日号 「特報、尖閣列島波高し・無人島ではなかっ
た」(17頁) 
原文:「カツオブシ工場の入り口  立っているのは原辰四郎さん」とあるが、 「原」ではな
く「古賀」の間違い。  
第11管区海上保安庁の写真には門が写っているが、意志の形からすると古賀氏が立
っているのはその門のようである。  









(11)  南小島にいた海鳥


出典:アサヒグラフ・昭和53年5月5日号 「特報、尖閣列島波高し・無人島ではなかっ
た」 (19ページ 下)  
原文:「南小島にいた海鳥」  
※7 海鳥とあるのはカツオドリのこと。今は絶滅や希少種に指定されている。 ひょっとし
たらこれが日本で写真に撮られたカツオドリの第一号の写真家も知れない。アホウドリ、
クロアシアホウドリ、カツオドリ、アオツラカツオドリ、などが、当時は数十万羽いたと言わ
れている。 











(12)  島の斜面に咲き乱れるユリの花


出典:アサヒグラフ・昭和53年5月5日号 「特報、尖閣列島波高し・無人島ではなかっ
た」(16頁下) 
写真の原文:「島の斜面に咲き乱れるユリの花」  

管理者:九州大学・長崎大学合同調査隊報告書にもこのテッポウユリが咲き乱れている
ことが書いてあり、高良鉄雄教授の調査の写真にも大きなテッポウユリを持つ教授の写
真が掲載されている。魚釣島には今も百合が咲いているのだろうか。 













宮島幹之助の撮影した尖閣諸島の写真 



以下三点は東京地學協會編「地学雑誌」第拾貳集・  
明治33年自第百参拾参巻・至第百四拾四巻に掲載されたもので、である。  







(13)  黄尾嶋西南側古賀村の人家 

地学雑誌・第13輯第2版
 宮島幹之助撮影
小川一眞製版印刷

実は当時いかなる理由からか魚釣島と久場島(黄尾島)が間違って認識されていたらし
い。 
そのことは奥原氏や高橋氏らが示されている。今までの資料によると住居があった島は 
魚釣島・久場島・南小島である。 









黄尾島之図・地学雑誌・第12輯143巻・明治33年11月




















(14)  黄尾島波止場上涯下 (日章旗が翻る)


地学雑誌・第13輯第2版
 宮島幹之助撮影
小川一眞製版印刷

「小屋の側に白く見ゆる日章旗の風に翻れるなり」と書いてあるが、当時の写真技術で
は日章旗が  
はためく瞬間を捉えることができなかったのだろうと、妙に時代の推移を実感した。  



上画像部分






















(15)  黄尾島波止場 

地学雑誌・第13輯第2版
 宮島幹之助撮影
小川一眞製版印刷



上の画像だけのもの

























(16)  黄尾島の溝川原と称する谷


黄尾島の溝川原と称する谷
地學雑誌 第13輯第2版
小川一眞製版印刷












(16)  黄尾嶋中榕樹(ガジュマル)下の信天翁(ア
ホウドリ)




黄尾嶋中榕樹下の信天翁
地學雑誌 第13輯第2版
小川一眞製版印刷

久場島におけるガジュマル下のアホウドリ
中央下にアホウドリがいる。















黄尾島千歳嶺西面

地學雑誌 第13輯第1版













































戻る



開拓時代に作られた地図