×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

尖閣諸島の領有権問題


参考資料(1) 論文・書籍 等

尖閣諸島に関する雑誌・論文・書籍などの参考文献

番号
論文名・書籍名
出版年
著者
_
雑 誌 ・ 論 文
_(01)
_(02) 島の領有と経済水域の境界確定
芹田健太郎
_(03) 尖閣列島の法的地位  (季刊「沖縄」第52号) 昭和45
奥原敏雄
_(04) 尖閣列島の領有権問題 (季刊「沖縄」58号) 昭和46
奥原敏雄
_(05) 尖閣列島の領有権と「明報」論文 昭和46 奥原敏雄
(06)
尖閣列島と領有権帰属問題 (アジアレビュー) 昭和47 奥原敏雄
_(07) 明代および清代における尖閣列島の法的地位 (季刊「沖縄」
63号)
昭和47
奥原敏雄
_(08) 動かぬ尖閣列島の日本領有権 (日本及日本人」新春号) 昭和48
奥原敏雄
_(09) 尖閣列島の領有権 (現代の法律問題)
奥原敏雄
_(10) 尖閣列島問題と井上清論文  昭和48
奥原敏雄
(11) 尖閣列島領土編入経緯 (「中国」1972年6月号) 昭和51
奥原敏雄
(12) 尖閣列島領有権の根拠_ (中央公論7月号) 昭和53 奥原敏雄
 (13) 尖閣列島−中国及び台湾の領有権論拠批判 昭和53
奥原敏雄
 (14)
_
尖閣列島と日本の領有権 (じゅんかん世界と日本) 昭和54
奥原敏雄
 (15)  尖閣列島問題と井上論文 昭和48
 (16) 「尖閣列島と領有権問題」(サンデーおきなわ) 昭和47
奥原敏雄
 (17) 尖閣諸島の史的経過と現状 
奥原敏雄
 (18) 中国のシーパワーに包囲される日本
照屋健吉
 (20) 尖閣諸島は日本領土 (明日への選択)
(21) 尖閣諸島 日本領有の正当性
平松茂雄
(22)
編集部
「地学雑誌」より
(31) 尖閣列島探検記事」・黒岩恒・地学雑誌第12輯140巻
明治33年 8月
(32) 「尖閣列島探検記事」(承前)・黒岩恒・地学雑誌第12輯141
明治33年 9月
(33) 「沖縄県無人島探検談」宮島幹之助・地学雑誌第12輯142
明治33年10月
(34) 「黄尾島」1・宮島幹之助・地学雑誌第12輯143巻
明治33年11月
(35) 「黄尾島」(承前)・宮島幹之助・地学雑誌第12輯144巻
明治33年12月
(36) 「黄尾島」(承前2)・宮島幹之助・地学雑誌第13輯145巻
明治34年 1月
季刊「沖縄」
(41) 季刊 「沖縄」 目次_  
南方同胞援護会
(42) 季刊沖縄第56号  −特集・尖閣列島− (未完)
南方同胞援護会
(43) 季刊沖縄第63号  −特集・尖閣列島・第2集− (未完)
南方同胞援護会
書  籍
_(71) 尖閣諸島 日本領有の正当性
牧野 清
_(72) 世界の領土・境界紛争と国際裁判
金子利喜男
_(73) 尖閣諸島・琉球・中国  日中国際関係史
浦野起央
_(74) _尖閣列島と竹島
上地龍典
_(75) 尖閣列島ノート・T_
高橋庄五郎
_(76) 尖閣列島ノート・U_
高橋庄五郎
_(77) 尖閣諸島の領有権問題と中国の東シナ海戦略
平松茂雄
_(78) 中国の事前通報による東シナ海海洋調査活動
平松茂雄
_(79) 「尖閣」列島−釣魚諸島の史的解明
井上清
_(80) 尖閣・竹島間題を問う 毅然とせよ! 日本外交
「明日への選択」編集部
その他
_
(101)
古賀辰四郎と大阪古賀商店
『南島史学』第35号
(102) 尖閣諸島は私の所有地≠ナす
『現代』(講談社1972年6
月) 
(103) 寄留商人の妻として
「沖縄現代史への証言 (下)」
− 参考文献 −
古文書
(120)
地図
(141) 尖閣列島位置図  2004/6/2現在
(142) 地図2
(143) 地図3
(144) 地図4
(145) 尖閣群島鳥瞰図
第11管区海上保安本部
(146) 「日本一鑑」
(147) 使琉球録
(148) 琉球三省並三十六島之図
林子平
(149) 琉球三省並三十六島之図 ※2_
林子平

___________________






戻る



季刊 「沖縄」 目次
島の領有と経済水域の境界確定
尖閣列島の法的地位
動かぬ尖閣列島の日本領有権
尖閣列島−中国及び台湾の領有権論拠批判
尖閣諸島の史的経過と現状
尖閣諸島 日本領有の正当性
尖閣列島ノート・T
「尖閣」列島−釣魚諸島の史的解明
尖閣諸島開拓時代の人々 (1)
尖閣列島探検記事
沖縄県無人島探検談